「貯金をする」以外誰もお金について  教えてくれなかった

「お金は貯金しなさい」

親から教わった金銭教育といえば

「貯蓄」だけでした。

 

多くの方は、私と似たような教育を

受けていたと思いますが、

この貯蓄をするということだけでは、

お金についての正しい知識は

身に付きません。

 

お金は貯めるだけのものではなく、

貯めたお金を価値ある物や

サービスに交換するものだからです。

 

貯金がいくらあったとしても、

毎日カップラーメンを食べて、

家にこもり、ケチに徹している

人生は面白くないでしょう。

 

それよりも、

ある程度のまとまったお金ができたら、

資産運用という形でそのお金にも

働いてもらい、

そこで得たお金で旅行や食事などの、

少しの贅沢をした方が、

絶対に人生は、

楽しく豊かになるはずです。

 

貯めることしか知らない私たちは、

まとまったお金ができたとき、

その扱い方を知らずに、

冷静な判断もできないまま

高額なマイホームを買ってしまったり、

無駄にお金を使ってアッという間に

なくしてしまったりするのです。

 

社会で生きていく上で、

私たちは大きな3つの教育を

受ける必要があると思っています。

 

1つ目は、学問教育。

 

日本人なら誰もが義務教育で

学んでいる、

読み・書き・そろばんです。

 

日本では当然のように学んでいる

ことですが、

世界では、学校へ通えず、

言葉は話せても文字の読み書きが

できない子どもは大勢います。

 

私たち日本人にとっては当たり前の

ことなのですが、

義務教育の9年間をかけて、

社会人の基礎となる教育を

受けているのです。

 

2つ目は、職業教育。

 

これは、社会に出て働く上で

必要な教育です。

 

たとえば、弁護士、医師、

教師になるための勉強であったり、

自動車の整備士になるための

訓練であったり、

美容師になるための教育だったりという、

社会に出て稼ぐ力をつけるための

教育です。

 

今まではここまでの教育しか

受け手いませんでしたが、

これからの時代にはもう1つの

教育が必要になってくると思います。

 

それが、3つ目の「金銭教育」です。

 

本来は、子どもから大人まで、

だれもが日常的に使うお金に

ついての教育ですが、

実際には「お金のマニュアル」を

誰からも教わることなく大人に

なっていくのが現状です。

 

そして大人になって、

まとまったお金を持つようになると、

お金についてのいろいろな悩みが

生じてきます。

 

・マイホームは、買うべきか、

 借りるべきか

・貯蓄と投資はどちらが良いの

 だろう?

投資信託はどれを買えばいいの?

・老後はいくら必要なのだろうか?

 

前提となる「お金の教養」がないと、

いくら悩んでも答えは見つかりません。

 

また、ファイナンシャルプランナーなどの

専門家に相談に行っても、

自分の考えがしっかりしていないので、

言われたことを鵜呑みにしたり、

余計混乱する場合さえあります。

もし、お金についてちゃんとした

教育を受けていたら、

上記のような悩みはすぐに

解決するはずです。

 

この3つの教育を受け、

バランスよく身についてはじめて、

人生の本当の豊かさが得られると

思うのです。